一度きりの人生・・・

もう25年が過ぎようとしている・・・
わたしの父は、喉頭癌をわずらって49歳で、旅立ってしまった・・・
あれから25年・・・
月日の経つのは、ほんとに早いものです。
そしてもうすぐ、わたしもその年齢を迎える・・・
父の闘病生活を一緒に過ごした中で、私はたくさんのことを学びました。
  自分の口の中で、味わって食べれるという有難さ・・・
  話せなくても、思いは必ず伝わるということ・・・
  人生は、一度きりということ・・・
そして、健康でいられることが、どんなに素晴らしく有難いものであるかを。
「 ダイエット 」「 痩せる 」「 脂肪燃焼 」
そんな言葉に、たくさんの方が病気になったり、寿命を縮めたりしている。
その大半の方は、どう観て見ても、太ってなんかいない・・・
40才ぐらいまでなら、ライフスタイルを変えるだけで、体重は落とせるはずです。
いつもの食事の質を変えて(お野菜中心の和食が、GOOD!)、今まで以上に、エネルギーを消費すればいい、そして、毎日2ℓ以上の、水を飲む。規則正しく・・・
40才を越えてくると、ホルモンのバランスの関係や、代謝機能が低下するので、太りやすくなるから、食事の量を減らしながら(抜くのは駄目です)今までより、よく動くようにする。年齢的に体重を落とすよりも、太らないようにすることが大切と思います。
ただ、持病があったり精神障害、ホルモン障害に陥っていると、話は別ですが・・・
食事を美味しいと感じながらいただける・・・
行きたい所へ行くことができる・・・
伝えたいことをダイレクトに伝えることができる・・・
「 あたりまえ 」にさせていただけていることは、けっしてあたりまえではないと思います。
一度きりの人生、世の中がつくりだした情報たちに惑わされることなく、いつまでも健やかで歩いて行きたいですね[[pict:heart]][[pict:heart]][[pict:heart]]

>一度きりの人生を美しく

一度きりの人生を美しく

手に生活、顔に性格、首に年齢があらわれます。
「 ローマは一日にして成らず 」
いつまでも美しくありたい・・・
健やかでありたい・・・
ありたいのならまず、一歩踏み出すこと。
願いを叶えるのは、「 貴 女 自 身 」