ある少年の告白

愛とは すべてを受け入れる ことじゃない?

ある少年の告白

ジョエル・エドガートン監督作品。
ルーカス・ヘッジズと父親ラッセル・クロウの苦悩に胸が打たれます。
年齢不詳のニコール・キッドマン、相変わらず美しかったです。

とにかく、こんな施設があることに驚愕しました。
自分の子供だからといって、親の考えや宗教を押し付けるなんて許されない…
親子であってもそれぞれの人格を敬うべきだと思います。
難しい問題に感じるだけで、もしかしたらとても簡単なことかもしれない…

愛するとはそのすべてを受け入れることではないだろうか。

ベルファームオンラインショップはこちら
画像をタップいただくとオンラインショップサイトに移動します。

インスタグラム始めています。
フォローしていただけると嬉しいです♪
画像をタップいただくとインスタグラムに移動します。

>一度きりの人生を美しく

一度きりの人生を美しく

手に生活、顔に性格、首に年齢があらわれます。
「 ローマは一日にして成らず 」
いつまでも美しくありたい・・・
健やかでありたい・・・
ありたいのならまず、一歩踏み出すこと。
願いを叶えるのは、「 貴 女 自 身 」